GWに入院した話、その3。
2014 / 05 / 29 ( Thu )
20140529.jpg

かくして、
再発するかもだの、次は全身麻酔だのと毎日脅してくる主治医と
中川家弟似、アンガールズ田中似の先生達に交互に診察を受けつつ
お薬の効果で私の左扁桃周囲膿瘍は小さくなっていったのでありました。

喉の痛みは入院2日目にはほとんどなくなっていたので
出されたごはんは毎回完食し
(だって楽しみがもうごはんぐらいしか。)
スマホゲームをやりまくり
普段なかなか読めない本を読んだり
(司馬遼太郎の「夏草の賦」。長宗我部!!)
youtubeみてレリゴー♪と歌ったり、らくがきをしたり
こっそり売店でプリンを買ったりして
ちょっと楽しくなって来た頃に、「もう帰っていいよ」と
予定より1日早く、6日間の入院生活は幕を閉じました。

実際、熱を出した娘達も心配だったし
だんなと義父母もお疲れ相当なものだろうと思っていたので
お昼の最後の点滴がとれるとともに、いそいそと帰ったさ。
退院の翌日両親は帰られたんだけども
いつも丈夫だという義父ですら、ひどい風邪をひかれたと…
慣れない環境で慣れない子供達の相手をしてお疲れのところに、
子供の体内で増幅された風邪菌…恐ろしいずら。
本当に申し訳なかったです…
私もいつか、子供達に同じようにしてやらなくちゃ。
それにはやはり健康第一…!

その後2回通院があったんだけど、
これがまた、待たされる待たされる。
2時間以上待たされて、診察たったの2分。
付き合わされる娘たちもかわいそうです…
大きな病院なんかだったら、ちょっとした託児スペースがあるといいのにな。
有料でも需要、あると思うけどなあ。

最後の診察で主治医が
「ああもう腫れすっかりないね!無罪放免!」
って言いやがったのでなんだかもうね。
私何か悪い事しましたかね?
マジ今度会ったら覚えてろよ…(´-`)
なんてね。

- - - - -
またなにか小ネタを思い出したら書くかもですが、とりあえずこれにて。

ランキングバナーにほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
スポンサーサイト
00 : 23 : 35 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<カモミール事件 | ホーム | GWに入院した話、その2。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://patchen.blog88.fc2.com/tb.php/488-c0d2d03a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |