GWに入院した話。
2014 / 05 / 13 ( Tue )
日に日に、陽射しがチリチリするようになってまいりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか…
GWも後半は好天に恵まれ、お出かけを楽しまれた方も多かったのでは。

ふふ。

まあその、タイトル通りです。

まさかの。

入院してました。

病名は「左扁桃周囲膿瘍」。

ひらたくいえば、扁桃腺とその周りがすんごい腫れて
なんなら膿もたまってるぜ、という状態。

休み前から兄さんを皮切りに家族全員順番に風邪をひいており、
私もご多分に漏れず、3月にかかったインフルに続き
今年2度目の発熱、から、リンパと喉の痛みを引きずっていたんですが
そのうちつばを飲み込むのも耳まで痛くなり、
ちょっと滑舌が悪くなるレベルののどちんこ腫れ感に危機感を覚え
翌日に帰省を控えていたので見てもらっとくか、と
近所の耳鼻科にかかったんですが。

消毒してもらって薬もらって終わりーと思っていたら
なんか先生がモソモソ言ってる。

「これねー、…扁桃腺が…
……医療センターに紹介状を書くから…
……もしかしたら入院… …ぼそぼそ」


看護士さんの訳によると、明朝良くなるようならまた来て。
変わらないか、酷くなるようなら医療センターへ行ってください。
と、紹介状を渡されました。


翌朝。
喉はほとんど変わらないなあ、という印象…
もし昨日の耳鼻科行って、やっぱりあっち行ってということになったら面倒なので
直接医療センターに行く事にしました。
これが、よかったのか、どうなのか…

予約をしていなかったので、待たされることは覚悟していたけど
検査の必要があるかもしれないので、と早めに呼ばれて一度診察。


20140513-1.jpg

この時点でもうもう。
鼻から麻酔のシューシューをつっこまれ、
ファイバースコープをつっこまれ、
EOSで撮影もしたんだけど、腫れ上がったべろの奥をグイッと押さえられたまま
なかなかピントが合わず時間がかかり、涙目。

膿みがたまっていたら切開しないと…ということで
採血と、人生初のCTをとったでござるよ。

なんだか大げさなことになってきちゃったけど…
膿みがなかったら薬で済むのか?予定通り実家に帰れるのか?
と淡ーい期待はしてみたものの、
結果、膿みは案の定?たまっていて、
「これは切った方が良いですネ」とドヤ顔のドクター。
これだけ腫れてると内服での治療は難しく
切開した上で抗生剤の点滴をしましょう。と。

あー。帰省消えた。

というわけで、緊急入院となったのでした。

私はもうこうなってはまな板の鯉だけれど、
問題は子供3人と残されただんな。。
我が家はどうなってしまうのか。。。

- - - - -
続きます。

ランキングバナーにほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
スポンサーサイト

テーマ:絵日記 - ジャンル:日記

22 : 18 : 04 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<GWに入院した話、その2。 | ホーム | すきすキッス>>
コメント
*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/05/20 19:24 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://patchen.blog88.fc2.com/tb.php/486-8fffbd25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |